Pocket
LINEで送る

年を取っても住み慣れた地域で生活したいと思う気持ちは誰でも同じですよね。地域を変えずに住み続けたいとの思いを実現するために、サービス付き高齢者向け住宅は平成23年に創設されました。サービス付き高齢者向け住宅は、「サ高住」や「サ付き住宅」と略される場合があります。それでは、サービス付き高齢者向け住宅について特徴や入所条件についてお伝えしていきます。

サービス付き高齢者向け住宅とはどんなところ?

「サービス付き高齢者向け住宅」は、バリアフリー構造、一定の面積や設備を兼ね備え、見守りサービスが行われる高齢者単身・夫婦世帯が居住できる住まいのことです。平成23年の「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」の改正により制度化されました。

制度化に伴い、サービス付き高齢者向け住宅は事業所登録されるようになり、都道府県・政令市・中核市は指導や監督を行います。また家賃や住宅に関する情報が公開されるようになり、利用者が自分の生活スタイルに合った住宅が選択できるような仕組みになりました。

サービス付き高齢者向け住宅で居住空間の他に義務付けられていることは、安否確認と生活相談です。そのため日中は、看護師・介護福祉士・社会福祉士などといった指定されている資格を持った職員が常駐します。夜間は何かあった場合に、対応できる体制をとることが義務付けられています。

サービス付き高齢者向け住宅自体のサービスでは、直接介護は行っていません。介護保険の制約がないため、入居者は自分の自由に暮らすことができます。

どんな人が入居できるの?

サービス付き高齢者向け住宅のため、原則60歳以上の人が対象です。例外もあります。夫婦の場合は、どちらかが60歳以上であれば入居可能です。また60歳未満でも40歳以上の人で、介護保険で定められている特定疾病のため、要支援または要介護の認定を受けている人の場合は、入居することができます。

介護が必要になったらどうなるの?

サービス付き高齢者向け住宅に入居し、元気に暮らせているうちは良いですが、いざ病気になった場合はどうなるのかが心配されるところです。最近は、サービス付き高齢者向け住宅も「一般型」と「介護型」の2種類になり、介護が必要になっても自分が選んだ住まいで住み続けることができるようになってきました。

一般型:特別な介護の提供なし

「一般型」とは、その字の通り、サービス付き高齢者向け住宅で説明を行った通りの住宅になります。そのため特別な介護の提供はありません。そのかわり、住宅は自宅と同じですから自分で介護保険を利用して外部のサービスを受けることができます。

例えば、入浴が大変になってきたのであればデイサービスに通ったり、部屋の掃除が十分できない場合、訪問介護を利用することもできます。

介護型:介護が重くなっても住み続けられる

サービス付き高齢者向け住宅の中には、介護保険の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている住宅があります。指定を受けている住宅の場合、介護が必要になったら住宅内で必要に応じた介護を受けることができます。「介護型」の場合、夜間も含めて24時間体制で介護や看護職員が配置されているため、介護が重くなっても住み続けることが可能です。

年齢が高くなると医療面でも心配されます。継続的な医療が必要になったからといって長期的に入院をさせてくれるわけではありません。住宅によっては、看護職員の配置を手厚くし、医療面でのケアが必要になっても安心して住み続けられる住宅も増えてきました。

入居費用はどれくらいかかるの?

高齢者の多くは年金生活者です。どれだけ良いサービスが受けられるとしても入居費用は気になるところでしょう。サービス付き高齢者向け住宅の費用は、「一般型」や「介護型」によっても異なります。

一般型:礼金や更新料はかからない

初期費用は、基本的に賃貸契約のため、入居時の費用がかからないところもあれば、敷金として数十万円を預かる住宅が一般的です。一般の住宅と異なるため、礼金や更新料はかかりません。

介護型:有料老人ホームと同じ

「特定施設」の指定を受けているため、有料老人ホームと同じように、利用権契約として入居一時金として数百万円がかかる住宅もあるので、十分確認する必要があります。

月額費用は、どちらの住宅であっても家賃と管理費がかかります。食事は依頼をすると食事代など利用されたサービスによって費用負担が発生します。月額5万円~30万円程度がおおよその目安です。その他は、「一般型」であれば外部の介護保険サービス費、「介護型」であれば、住宅によって決まられた介護サービス費の費用負担が必要になります。

安心して生活していくために

サービス付き高齢者向け住宅は、借主は高齢者に限定されているため、条件が合えば入居ができます。入居後も自分で生活について選択でき、自由があって、生活しやすい空間といえるでしょう。

「終の棲家としたい」と思われるのであれば、最期まで介護の体制が整っている住宅を探す必要があります。あくまで元気なうちだけの生活を目的としており、必要に応じて介護施設に住まいを移動してもかまわないと思うことも選択肢の一つです。

現在の状態がいつまでも続くとは限りません。いつ介護が必要になるか、医療的な処置が必要になる場合もあります。どこの住宅でも見学や説明は丁寧に行ってくれます。自分たちで足を運んで、安心して入居ができるサービス付き高齢者向け住宅を探してくださいね。

 働きやすい職場環境選びがあなたを輝かせる

あなたはなぜ介護の仕事を続けているのでしょうか?

日頃から考えることが多すぎていつの間にか忘れてしまっている介護の現場で働く理由。母が祖母の介護を大変そうにしているのを見て介護職を志した人や、障害者の方が当たり前の日常を送れない現実を知って、当時の自分では何も力になれないもどかしさから介護の仕事を志した人もいるでしょう。

現在、あなたが介護の仕事を行っているのは、「人の力になりたい!」と強く思ったからではないのでしょうか?

3K(きつい、汚い、危険)と言われていることを知った上で働き続けているあなたは高齢化社会である日本の誇りです。

介護業界の主役は現場で働くあなた自身です。

あなたをキッカケに、「介護の仕事って楽しいんだよ」「介護ってかっこいいんだよ」と思ってもらえる仲間が増えることを祈っています。

まずはあなた自身が輝ける場所に行きましょう。

世の中は、熱い想いを持って介護の仕事に取り組むあなたのような人材を求めています。

介護求人ナビ口コミ

Pocket
LINEで送る