Pocket
LINEで送る

介護の転職におすすめの求人サイトの特徴は様々で、派遣の求人が多かったり、未経験・無資格者向けのサポート体制が整っていたり、介護の転職におすすめの求人サイトと応募できる職種の種類他では見られない非公開求人数が多かったりと、サイトによって異なります。また目的に合った求人サイトやエージェントを利用し、なお且つ自分に合った介護の職種を把握することで、効率よく条件に合った介護職へ転職することができます。

スポンサーリンク

介護の転職におすすめの求人サイトやエージェント7社

介護の仕事をやめて転職する際は、複数のサイトに登録して、それぞれの特徴を比較すると自分にあった職場をみつけることができます。

マイナビ介護職

業界大手のマイナビ転職が運営する介護職専用の求人サイトです。情報が見やすく、操作もしやすいページになっています。

おすすめポイント

  • 全国相談会もあり、顔を見て相談が可能
  • 専任担当者による就職までのサポートが丁寧

求人数

40,000件

対応エリア

全国47都道府県から選択

応募できる就労形態

正社員、契約社員、非常勤・パート、その他

口コミ一覧

  • 無駄な情報がなく、必要なことがしっかりと記載されているので、自分の条件と施設側の条件を比較しながら探しやすいです。(30歳女性)
  • 仕事に就けるまでにつかえるもので、なにかコツなんかがあって利用したいとおもいました。働きかたを選べてよかった。(25歳男性)
  • 選択肢がとても多いので、自分の希望を細かく設定でき、条件にあった仕事をピックアップしやすいところが便利だと思いました。(35歳女性)
  • メールでやり取りが出来るので空いた時間に行動する事が出来ました。担当の人が求人先に連絡してやり取りしてくれるのが助かりました。(28歳男性)
  • キャリアアドバイザーが付いてくれるのは非常に助かりました。初めての就職活動だったので、わからないことが多くあり、マイナビ介護職は、キャリアアドバイザーが付いてくれ、サポートして様々なことを教えてくれるので、便利で良かったです。(24歳男性)

クリックジョブ介護

専任の担当者による丁寧なヒヤリングにもとづいて、非公開求人も含めた登録事業所から就職先の提案をしてくれます。施設の雰囲気や職員の人柄まで情報として管理しているところが特徴です。

おすすめポイント

  • 専任の担当者制によるLINEでの情報配信があり、気軽にやり取りができる
  • 面接にかかる交通費を1回あたり1,000円の支給制度

求人数

30,000件

対応エリア

全国47都道府県から選択

応募できる就労形態

寮あり、ブランクOK、残業月10時間以下など

口コミ一覧

  • まさにクリックジョブ、クリックするだけで、簡単登録できました。あとは担当者からの連絡を待つだけでした。(35歳女性)
  • 現在地周辺から一斉に求人案内を検索できる機能はとてもありがたいと思います。あとは登録事業所がもっと参入すれば言うことなしです。(26歳男性)
  • やはり職種設定が細かくできることと何よりも見やすいのは個人的に気に入っている。雇用までの流れが明確。(23歳男性)
  • 募集の資格等のカテゴリーがいくつかあること。働く施設のタイプがミックスされていて応募者からは選択の範囲が広く感じたこと。(48歳男性)
  • 1人の担当者の方が初動から内定まで担当してくださるため安心できる。担当者がころころ変わると不信感にもつながるので。(23歳女性)

かいご畑

サイトでの相談フォームに入力すると、電話によるヒヤリングで、希望内容を聞き取りしてくれます。専任の担当者によるキャリアアップ応援制度もあります。

おすすめポイント

  • 資格がなくても介護福祉士実務者研修が無料で受講可能
  • 派遣や紹介予定派遣の求人など選択肢が広い

求人数

10,022件

対応エリア

全国47都道府県から選択

応募できる就労形態

週3~4OK、紹介予定派遣、夜勤専従、週払い給与、など

口コミ一覧

  • 資格講座が無料で受けれる。ちょうど無料で受けれる対象だったのでとても助かりました。手軽に勉強できて良かったです(28歳女性)
  • お気に入りができるところがまずはいいと思います。転職はどうしても迷い、あれこれ探すのでお気に入りすることですぐに探すことができました。(24歳女性)
  • 自分専任のコーディネーターの方がとにかく丁寧に聞き取りして下さり、自分の希望条件に少しでも近い勤務先を提案してくれる(26歳男性)
  • かいご畑の便利なところは「派遣就業ができる」ところです。自分みたいな介護未経験者でも派遣として働くことができ、自分に合っているなと感じたら、雇用形態も変更させることができるので、便利だと感じました。(34歳男性)
  • 各業種ごとに別れていて、業種ごとにオススメの求人があったり、プロフィールに今までの職種を書くとその業種の求人が届く(53歳男性)

きらケア

専任の担当者が多数の求人情報を把握しているので、希望によってさまざまな選択肢があります。

おすすめポイント

  • 紹介予定派遣制度といったブランク人材へのサポートが充実
  • 地方や小さい事業所の求人も豊富

求人数

91,137件

対応エリア

全国47都道府県から選択

応募できる就労形態

ブランク可、土日祝休み、駅ちか、日勤のみ、など

口コミ一覧

  • きらケアを利用して良かったと思う点は、一人では知ることのできない情報を得ることができることです。例えば、施設の人間関係、雰囲気、評判などの求人情報を知ることができたのは、きらケアを利用して良かったです。(34歳男性)
  • きらケアは利用者が多いことも安心できる要因の一つです。アドバイザーの方もたくさんの案件を抱えているようで、こちらの要望に柔軟に対応してくれます。利用者が多いので、案件の数も多いのだと思います。(32歳女性)
  • 転職サイトの良さは、新卒用のサイトでは掲載していない求人が載っている点です。また、新卒の時と違い、自分により適している仕事場を探しやすい点も良かったと感じるところです。転職時には無料の仕事紹介のエージェント機能を利用できる点もメリットであると感じています。(25歳男性)
  • 時給の高い順番に表示されて見ることができること。時給が低いところからも見れるけど、仕事に関しては安いところからは見るわけがないと思っている。勤務時間の長さごとによって表示されるのもありがたいと思った。(33歳女性)
  • きらケアを利用して転職しようと考えている人はおすすめです。サイトに載っている求人は時給が高いですし、質もいいです。働く側が言いにくいことも変わりに交渉してくれるので、きらケアは利用者に寄り添った転職サイトです。(34歳男性)

介護求人すぐみつかるナビ

専任担当者制よるサポートが受けられます。女性専用の転職サポートがある為、キャリア相談や転職時の注意点など転職者目線で対応してくれます。

おすすめポイント

  • 様々な条件、フリーワード検索が充実
  • お友達紹介キャンペーンがお得

求人数

30,000件

対応エリア

全国47都道府県から選択

応募できる就労形態

常勤、非常勤、日勤常勤、夜勤専従

口コミ一覧

  • 検索エンジンが優秀だったので、便利だと感じましたね。作り方がじょうずだと思います。やはり検索エンジンは重要です。(30歳男性)
  • 女性専用の転職サイトがあるのが画期的で便利でした。そのサイトには、女性が上手に転職をする方法やキャリアの作り方など、現場では教えてもらえない内容が盛り込まれていて良かったです。(27歳女性)
  • 表示がとても見やすくて、給料やお休み、時間帯など細かいことも見やすく表示されたのぇとても便利だと思いました。(20歳女性)
  • 便利と感じたところは「登録を1分」でできることです。希望の職種や現在の状況、保有資格、個人情報を入力するだけで登録できるのはすごく便利だと感じました。(32歳男性)
  • エリア地域で指定し、職種及びサービス形態の指定が出来且つ、キーワード検索が出来る点。かなり絞り込む事ができるので検索しやすいと思います。(28歳男性)

カイゴジョブ

専任担当者制による求人事業所とのマッチングサイトです。全国各地で適職フェアというイベントもありますので、WEB以外にも仕事を見つける方法があります。

おすすめポイント

  • 職種だけでなく、自分の地域から細かく検索できるのでみつけやすい
  • 特集コンテンツがきめ細かく、実務にも役立つ情報がある

求人数

100,000件

対応エリア

全国47都道府県から選択

応募できる就労形態

慶弔休暇、夏季休暇、冬季休暇、など

口コミ一覧

  • 電話で相談してエリアや、条件を細かく決められたところ。利用者の年齢や要介護度もだいたい職場に事前に電話で確認してくれ把握できたのは便利だった。(27歳女性)
  • 急ぎで探している人は、積極的に電話やメールが来てオススメの勤務先を紹介してくれるため、スムーズな転職が望めると思います。(22歳女性)
  • 検索しやすさ。使いづらいサイトはたくさんある。なんだかごちゃごちゃしていたり、検索条件がしっくりしていなかったりだが、ここは違った。見やすく、しっかり検索できて満足。やはり検索しやすさが一番だと思う。(40歳男性)
  • カイゴジョブの便利なところは、担当者がヘルパーができる転職先を探してくれることです。自分で探してもどこの求人が自分に合っているかわからないので、プロの目で自分に合っている求人を選んでくれるのは、たいへん便利だと感じました。(34歳男性)
  • 別で働いていても、担当者が調べてくれるのは大きかった。又、時間の交渉も担当者が交渉してくれたのはすごくでかかった。(27歳女性)

ジョブメドレー

登録時のヒヤリングはありますが、専任の担当者制ではありません。自分で求人を探す、またはプロフィールを登録してスカウトを待つ求人サイトです。

おすすめポイント

  • 登録して入職が決まったら、独自のお祝い金を受け取ることができる
  • 専任の担当者がいないのえこまめなやり取りが苦手な人はおすすめ

求人数

40,000件

対応エリア

全国47都道府県から選択

応募できる就労形態

正社員、契約社員、非常勤・パート、その他

口コミ一覧

  • 応募した事業所からメッセージが届いたことをメールで知らせてくれる機能があり、事業所とのコミュニケーションが円滑になりました。(33歳男性)
  • 面接したい所とサイト内のメッセージでやり取りが行えたことです。面接の日取りをそのメッセージで決められただけでなく、採用の通知が来た際、他の施設での就職が決まってしまっていたので、お断りさせて頂いたところ、先方から丁寧なメッセージを頂きました。(30歳女性)
  • ジョブメドレーの便利なところは、田舎の求人も多数あることです。大手の介護求人サイトだと首都圏に求人が集まっていて地方があまりないものが多かったので、地方の求人を探すには便利だと感じました。(34歳男性)
  • 医療、介護系の求人を専門に取り扱っていた。他のサイトに比べて選べる企業が多く、比較しやすかった。(27歳女性)
  • 便利と思った点はスカウト機能があること、キープ機能があることです。自分が気になった会社を後日探す必要がないのでとても便利だと思います。(27歳男性)

介護の転職におすすめの求人サイト目的別ランキング

求人サイトを活用するためには、働き方や職種など目的によって使い分けるのが効果的です。雇用形態を細かく設定し地区単位で検索できるサイトや、専任担当者が介護職経験者としてサポートしてくれるサイトなど、それぞれの特徴を活用することで、自分に適した職場を見つけやすくなります。

1.派遣社員向け

介護職派遣として働きたいときに、求人サイトによっては雇用形態を細かく設定し、検索できるサイトがあります。

しかし、介護職派遣の求人を扱っているサイトは一般介護求人サイトよりも限られていますので、希望にあった職場を見つけるまでに時間がかかります。

ランキング上位サイト

特  徴

 1位 きらケア実際の職場に足を運んで、情報収集しています。同行面接にも対応しています。
 2位 スマイルSUPPORT介護転職をコンサルタントが無料でサポートしています。
 3位 かいご畑正社員の前に短期間就業できる紹介予定派遣の求人情報があります。

2.介護職未経験者向け

介護職としてどんな職場で、どのような仕事をするのか、未経験の人にとって想像することは困難です。

まして、介護業界は、人手不足のため未経験無資格でも応募できる求人が多い反面、資格を持っている人と持っていない人を比較すると、給与面での待遇に差があります。

資格取得へのサポート体制が整っていれば、今後のスキルアップなども望めます。

ランキング上位サイト

特  徴

 1位 かいご畑同社が運営する福祉の教室ほっと倶楽部の実務者研修が無料で受講できます。
 2位 カイゴジョブオープニングスタッフ求人というコーナーがあり、新しい事業所を探すことができます。
 3位 ベネッセMCM介護士お仕事サポート専任担当者が未経験者でも働きやすい事業所の紹介や、履歴書、面接のサポートまでしてくれます。

3.夜勤専従者向け

好待遇の夜勤専従求人を扱っているサイトや、経験者が専任担当してくれるサイトを活用するといいでしょう。

夜勤専従の介護職は、給与面において手当がつくぶん給与が高額になります。しかし、実際よりも心身への負担が大きかったり、待遇が悪かったりするなど、想像していた職場とは違うと感じることがあります。

介護職サイトの中でも、夜勤について条件検索できるところは限られていますので、独自のコンテンツや特集を掲載しているサイトがお勧めです。

ランキング上位サイト

特  徴

 1位 マイナビ介護職キャリアアドバイザーという専任の担当者が、就職までサポートする体制になっています。希望があれば就職希望先との給与交渉をしてくれます。
 2位 介護求人ナビ夜勤専従、専門の検索ができます。専任担当者はつきませんので、自分で検索して見つける方法と登録してスカウトを待つ方法があります。お祝い金制度があります。
 3位 しろくま介護ナビ夜勤専従で検索することができます。残業無し、有休ありという独自の基準で、ホワイト職場と認定した職場を紹介しています。

4.介護の管理職や事務職などこだわり条件で探したい人向け

介護職の求人サイトでは、施設の管理職や事務職などの介護の現場以外の求人割合は少なくなります。細かく相談できるアドバイザーが存在する転職エージェントを見つけたり、検索条件を詳細に設定して検索できるサイトを選んだりして、希望にあった職場を見つけましょう。

ランキング上位サイト

特  徴

 1位 スマイルSUPPORT介護職種別検索で「その他」という項目に設定すると、事務職や管理職などの求人情報を表示することができます。
 2位 マイナビ介護職各地の医療機関や介護機関に精通したキャリアアドバイザーが担当につき、希望内容についてマッチングをします。
 3位 介護求人ナビ職種別求人情報が設定でき、管理者、事務職以外に、営業関係職、栄養士、運転手など様々な求人情報が検索できます。

5.まずは情報収集したい人向け

情報収集だけしたいのであれば、マイペースに探せて求人数の多い介護の転職サイトをお勧めします。転職エージェントは、個別ヒヤリング、面接の設定、とスピード対応をしてくれますが、急いで転職する予定はない、という人なら、転職サイトの方が気軽に情報収集できるメリットはあります。

ランキング上位サイト

特  徴

 1位 介護求人ナビ専任担当者はつきませんので、自分で検索して見つける方法と登録してスカウトを待つ方法があります。お祝い金制度があります。
 2位 ジョブメドレー会員サービスとして、匿名でプロフィールを登録しておけば、スカウトが来たり、祝い金が受け取れたりします。また無料でスタッフが求人を探してくれるサービスがあります。
 3位 介護求人パーク求人情報の中から、ユーザー目線で大型施設かアットホームか、育成重視か即戦力実施か検索することができます。

自分に合った求人サイトやエージェントを選ぶ際のコツ

自分にあった職場を選ぶためには、求人サイトやエージェントを上手に活用することが大事です。

求人サイトには数を多く揃えているサイト、専任の担当者が就職まで個別にサポートしてくれるサイトなどそれぞれ特徴があります。

1ヶ所だけでなく2、3ヶ所のサイトに登録する

複数のサイトに登録するメリットは3つあります。

複数のサイトに登録する3つのメリット

複数のサイトに登録する3つのメリット

 

複数登録することを担当者には事前に伝えたほうが、求人の重複申し込みを避けることができます。

また、一度に登録する場合は3ヶ所をこえると、やり取りの時に混乱してしまう恐れがありますので、注意しましょう。

登録時に気を付けたい転職サイトとエージェントの違い

転職サイト

エージェント

 特 徴登録された求人情報から、自分の条件にあった仕事をみつけて、申し込む方法専任担当者(サイトによってアドバイザー、エージェントなどといわれます)による面接や適性診断などを受けながら、希望にあった仕事をマッチングしてもらう方法
メリット
  • 体験談が豊富で、利用者の声がきける
  • 自分のペースで情報収集、就職活動ができる
  • 独自の祝い金制度がある
  • 情報収集になれていない時に便利
  • 新しい求人情報がすぐ届く
  • 介護職経験者としてアドバイザーが対応してくれる
デメリット
  • 自分で面接日時の設定や給料の交渉をする必要がある
  • 主観的な判断により、選択を失敗することがある
  • 専任担当者からの連絡にこまめに対応ができない人にとって負担がある
  • 面接やヒアリングなどに時間が必要になる
代表的なサイト

ジョブメドレー

介護求人ナビ

マイナビ介護職

カイゴジョブ

転職に対する自分のニーズをしっかりと伝える

転職するときは、職種や勤務地、給与はもちろん、働き方や将来へのビジョンなど、自分の転職に関するニーズを、エージェント担当者に明確に伝えましょう。要望が曖昧であったり抽象的な情報しかないと、担当者は漠然とした情報で、仕事を探すしかありません。

また、アドバイザーがいない転職サイトの場合、求人先の面接担当者にしっかりと要望を伝え、お互いに誤解がないコミュニケーションを心がけましょう。

担当のアドバイザーの話を鵜呑みにしない

担当アドバイザーにすべてを任せているからといって、必ずしも最適な職場に出会えるとは限りません。

希望する内容がアドバイザーに正確に伝わっていなかったり、アドバイザーの持っている求人先の情報が若干異なっていたりという事もあります。

アドバイザーからの話も助言として受け取り、最終的には自分で決定できるだけの情報収集と確認は必要です。

担当のアドバイザーと相性が悪ければ変更してもらう

エージェントサイトのアドバイザーはプロとして対応するので、利用者は顧客という立場になります。こちらの希望を真摯に受け止めてくれているか、介護業界について理解しているか、といったアドバイザーの態度はお互いの信頼関係につながります。

少しでも違和感や不安を感じたら、遠慮せず変更を申し出ることが、自分の転職を成功させることにつながります。

介護の転職におすすめの求人サイトで応募できる主な職種

介護事業所は、様々な職種の人が働いていますので、スキルアップして介護職以外の職種に応募することが可能です。

1.施設の介護職員やホームヘルパー

仕事内容

施設に入所している高齢者や自宅で暮らす介護が必要な高齢者宅を訪問して、介護をおこないます。

必要な資格

施設の介護職員は資格がなくても業務はおこなえます。実務経験を積むと介護職員初任者研修や実務者研修を受講でき、介護福祉士国家資格の受験資格を取得できます。

ホームヘルパーは次の3つのいづれかが必要なります。

・介護職員初任者研修修了者

・介護職員実務者研修修了者

・介護福祉士

1ヶ月給料の目安

300,970円

職場の種類

特別養護老人ホーム、デイサービス、ヘルパーステーション、小規模多機能型居宅介護など

2.生活相談員

仕事内容

生活相談員という仕事は、入所施設や通所サービスなどで利用に関する相談や利用時の契約、家族対応などをおこないます。

必要な資格

資格がなくても業務をおこなうことができますが、福祉制度や介護保険制度の知識を求められるので、社会福祉士やケアマネジャーの資格があると、業務の幅が広がります。

1か月給料の目安

321,080円

職場の種類

特別養護老人ホーム、デイサービス、老人保健施設など

3.サービス提供責任者

仕事内容

訪問介護事業所において、訪問ヘルパーの業務管理や指導、個別の訪問介護計画などの作成をおこいます。

必要な資格

サービス提供責任者という資格はありません。ヘルパーステーションに配置される責任者としての役割ですので、介護福祉士や実務者研修修了者などが、任用されています。

1か月給料の目安

300,970円

職場の種類

ヘルパーステーション

4.ケアマネジャー

仕事内容

ケアマネジャーは、施設や在宅で介護を受けて暮らす高齢者のために介護計画を立案し、必要なサービスや資源につなぐことを業務としています。

必要な資格

医療、保健、福祉に関する国家資格を取得したのち、5年間実務経験のある人が都道府県の任用試験に合格すれば取得できます。

1か月給料の目安

350,320円

職場の種類

特別養護老人ホーム、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、グループホームなど

5.理学療法士

仕事内容

身体に障害のある人に基本的機能の回復のため、治療や体操、電気療法やマッサージなどをおこなうことが業務となります。介護現場では、通所リハビリや訪問看護などに配置され、利用者の機能訓練を主におこなっています。

必要な資格

理学療法士

1か月給料の目安

340,110円

職場の種類

老人保健施設、通所サービス、訪問看護など

6.作業療法士

仕事内容

身体や精神に障害がある人に、園芸や工作、作業を通して、応用動作または社会的適応能力の回復を支援します。介護現場では、施設や通所の利用者に食事や遊び、レクリエーションなど生活面で心と身体のサポートをおこないます。

必要な資格

作業療法士

1か月給料の目安

340,110円

職場の種類

老人保健施設、通所サービス、訪問看護など

7.福祉用具専門相談員

仕事内容

福祉用具専門相談員は、福祉用具を利用する人に、適切な福祉用具を選定し、使い方をアドバイスする人です。福祉用具をレンタルしている人のところへ定期的に訪問し、心身の様子を観察したり器具の整備をしたりするのが仕事になります。

必要な資格

福祉用具専門相談員指定講習を受講して、50時間の指定講習受講後に実施される修了評価試験(筆記)に合格する必要があります。

1か月給料の目安

291,000円

職場の種類

福祉用具貸与、販売事業所

8.施設の看護師や訪問看護師

仕事内容

施設に入所している高齢者や自宅で暮らす介護が必要な高齢者の体調管理をおこない、主治医や薬剤師と連携しながら療養支援や疾病の予防をおこないます。

必要な資格

看護師、准看護師

1か月給料の目安

372,000円

職場の種類

特別養護老人ホーム、通所サービス、訪問看護、地域包括支援センターなど

9.管理栄養士や栄養士

仕事内容

施設に入所している高齢者に対して食事メニューや必要なカロリーを検討して、栄養管理・食事指導をおこないます。

また利用者ごとに栄養計画を作成し、嗜好メニューを取り入れた食支援をしたり、施設スタッフと行事を企画したりします。

必要な資格

管理栄養士は国家資格で、栄養士は都道府県知事から与えられた免許です。管理栄養士の方が、栄養士よりも高度で専門的な指導ができます。

1か月給料の目安

309,000円

職場の種類

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設

10.調理スタッフ

仕事内容

調理師は高齢者に提供する調理や配下膳、食材の買い出しなどをおこないます。

入居されている高齢者が食べやすいように食事形態を調整したり、献立を考えたりします。

必要な資格

調理師免許。ただし調理補助、調理スタッフは無資格でも可能。

1か月給料の目安

254,000円

職場の種類

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、委託調理業者

11.ドライバー

仕事内容

入所している高齢者の通院や通所サービス利用者の送迎をおこないます。乗車前後の車両確認やタイヤ交換、車検の調整をおこなう事もあります。また、送迎が朝、夕と決まっている事業所では、パートタイマー雇用となる場合があります。

必要な資格

ハイエースなどで送迎をおこなうため、普通車免許が必要です。

バスを運転する事業所の場合、大型免許をもとめられることがあります。高齢者介護の知識や車いすの操作方法を知っておくと、自宅での乗降りや利用者の急な体調不良時に役立ちます。

1か月給料の目安

時給900~

職場の種類

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、通所サービス

12.事務

仕事内容

毎日の業務としては、電話、来客の対応をおこないながら、備品の管理、発注をしたり、施設の設備管理をおこなったりします。

毎月の業務としては、サービス利用料金の請求、勤怠管理をおこないます。

必要な資格

特に必要ありませんが、介護事務資格があると、色々な業務の理解ができ、仕事の幅が広がります。

1か月給料の目安

307,000円

職場の種類

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設など

専門の転職サイトやエージェントでの情報収集が重要

仕事を探すのであれば、公共職業安定所に相談したり、一般求人サイトで介護の仕事を検索したりすることで探すことは出来ますが、専門の転職サイトを利用するメリットは3つあります。

  • いつでも自分が希望する条件に見合った事業所を検索できる
  • 好条件で就職できるように専任担当者がサポートしてくれる
  • 転職した人の体験談があり、自分が転職した場合のイメージを描きやすい

今すぐ転職をする予定がなくても、専門転職サイトには求人や実務に役立つコラムなど気軽に情報収集できますので、転職を検討している人はぜひ活用してみましょう。

Pocket
LINEで送る