Pocket
LINEで送る

社会福祉士が辞めたいと思う理由として多忙な業務や人間関係が挙げられますが、解決策としては「転職」を推奨します。転職するためにはスムーズ、かつ円満に退職することがポイントです。次のステップとして社会福祉士におすすめの求人サイトから転職することになります。多忙でなかなか転職活動を行うことができない人はエージェントを利用することも可能です。

スポンサーリンク

社会福祉士を辞めたい…「退職」と「転職」を考えている人へ

社会福祉士の退職や転職をスムーズに成功させるためにはポイントがあります。

社会福祉士は相談援職に関する国家資格で、合格率は30%前後と福祉資格の中では難関資格といわれています。大学や専門学校で受験資格を取得したり、実務経験を積んで養成施設に通学したりしないと、受験資格も取得できません。

しかし、実際に社会福祉士として就労すると「思っていたのと違う」「想像以上にきつい」という経験から、退職や転職を考える場合もあります。

みんなが口に出せない「社会福祉士」を辞めたい理由とは

社会福祉士が辞めたいと思う理由には、自分自身に原因があったり、職場環境に原因があったりする場合があります。

業務が多忙すぎて休みが取れない

業務が平日だけに限らず、休日に出勤したり、残業が続いたりすることがあります。

それは業務内容が対人業務になっているので、営業時間内で相談対応が終わらない事や、家族と面接しようとすると、どうしても休日出勤で対応する必要があるからです。

社会福祉士がこうした就業を続けていくうちに、休みが取れないという理由で退職を考えるようになります。

人間関係

職場内や外部との人間関係に苦痛を感じて退職を考える人があります。

社会福祉士の業務は、地域住民や利用者の家族に対して相談対応をすることがあり、必ずしも相手の意向にそう結論になるとは限りません。その結果、相手との関係が悪化したり、苦情を申しだされたりすると精神的苦痛に耐えられず、退職を考える場合があります。

ほかの「社会福祉士」との違い

社会福祉士として別の職場で働く仲間の状況を聞いて、自分との待遇の違いや環境の違いに退職を考える場合があります。

今の職場で今後も就業するのか、転職して環境を変えるのかを検討した結果、転職する人があります。

社会福祉士の「退職」から「転職」までを成功させる方法とは

社会福祉士の退職や転職を決めたら、スムーズに行動することが、成功につながります。

しかし、実際行動を起こそうと思っても、具体的に何から始めたらいいのか分かりません。

退職と転職について、今の職場を離れる点では同じですが、成功させるために、それぞれおこなうべきポイントがあります。

社会福祉士の「退職」の成功法とは

スムーズに退職するために、ポイントを押さえておくことによって、円滑に退職ができます。

1.まずは就業規則を確認する

退職をしたいと思うなら、まずは所属する就業先の「就業規則」を確認しましょう。

就業規則には、必ず「退職の○○日前に~」という退職に関する規定が定められています。

退職を申告するポイントとして、次の3点をおさえましょう。

  • 申告するタイミングを見る
  • 就業規則に乗っ取った申告をする
  • 退職の意向を打診するために退職願を提出する

退職願は必ず提出するものではありませんが、意思表示を文書として残す目的があります。いつ、だれが退職を願い出たのか、退職日の希望がいつか、ということを文章化することで、就業先とトラブルにならないようにすることが目的です。

2.就業先が退職を「拒んで」きた場合

就業先が「退職を拒否」するような場合、法律を参考に対応することが重要です。

民法627条には、次のような条文があります。

1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(出典:民法627条1)

つまり、あらかじめ契約期間が定められていない契約は、労働者が退職の申し入れをすれば、2週間経過した時点で、終了します。

3.それでも退職をさせてくれない場合は外部のサービスを利用する

それでも退職ができないと判断した場合には、民間サービスや公的機関を利用することができます。

▲外部サービスの説明

▲外部サービスの説明

社会福祉士の「転職」の成功法とは

インターネットを活用すれば、福祉業界の求人情報を気軽に収集でき、社会福祉士としての転職にいかすことができます。

1.福祉職専門の求人サイトを利用する

福祉職専門サイトは、職種や資格、雇用形態など求人情報を具体的に検索して情報収集できるので、ミスマッチを防ぐことができます。

社会福祉士として働く就業先は、介護施設だけではありませんので、医療機関や施設など幅広い分野を視野に入れて、転職をかんがえることも重要です。

「今すぐには転職予定はないけど、情報を集めて比較したい」という時におすすめです。

サイト名特  徴
介護求人ナビ社会福祉士として希望の勤務地が検索できたり、給与データから求人情報が検索できたりするので、転職者向けのコンテンツが充実しています。
すまいるサポート介護社会福祉士専用の検索コンテンツがあり、転職時期にあわせて検索することができます。無料の会員登録をすれば、非公開求人情報を閲覧することができます。
ジョブメドレー掲載サイトは介護施設だけではなく、医療機関の情報が豊富なので幅広く検索することができます。気軽に情報収集したい時に活用できます。

2.エージェントサービスを利用する

エージェントサービスは、運営サイトのアドバイザーが本人に代わって求人を探したり、おすすめの求人を紹介してくれたりするのが特徴です。

福祉職専門の求人サイトの中には、エージェントサービスを無料で利用できるところがあります。忙しくて情報収集の時間が取れない、希望する条件の事業所が見つけられない、という時は、エージェントサービスを利用することがおすすめです。

サイト名特  徴
リクルートエージェント多数の掲載情報以外に、未公開情報の中から要望にあわせてアドバイザーが紹介します。介護施設だけでなく病院の求人情報があり、アドバイザーが入社日までサポートします。
マイナビ介護職キャリアアドバイザーが転職希望者の担当となり、希望する内容について事業所とのマッチングをします。アドバイザーの中には福祉業界経験者がいます。
DODA担当者がメールを活用して、求人情報を提供してくれます。面接や履歴書の書き方など、慣れない転職の手続きにもサポートする体制があります。

社会福祉士を辞めたいなら転職を考える

退職や転職を成功させるためには、資格を活かした活躍の場があるか、といった自分自身が社会福祉士であることにこだわることが重要です。

もしも、自分はソーシャルワークとは関係のない仕事をしている、職場から業務に見合った評価を受けていない、と思っているなら自分の希望を職場に伝えることが大事です。

それでも環境が変わらなければ、転職して社会福祉士として実力が発揮できる職場に身を置くために、退職、転職のポイントを参考にしながら前に進んでみましょう。

Pocket
LINEで送る