Pocket
LINEで送る

介護士の女性が持たれる印象として、優しそう、献身的などの良い面ばかりではなく、気が強そう、イライラしている、疲弊している、など悪い面も多く挙げられます。介護士の女性が悪い印象になってしまう背景を知ることで、自分の普段の行動を振り返って、友人や男性との関係をより良くしたり、職場での人間関係を改善できたりします。また印象を良くするには、仕事の愚痴をプライベートでは控える、清潔感を保つなどがあります。

スポンサーリンク

介護士の女性がよく持たれる悪い印象とは

介護職で働いている女性のイメージとして「優しそう」「献身的」などの良い印象がある反面、悪い印象を持たれることがあります。

介護職の仕事内容に対し「他の仕事が出来ない人がやる」「恰好悪い」などのイメージを持っている人は多く、介護職のイメージから介護士の女性に対し悪い印象を持たれることがあります。

介護の仕事は誰にでもできるように思われることもありますが、要介助者は介助者の気持ちを察することが多く、介助者の印象によっては要介護者を不快にさせてしまいます。介護職は誰にでもできる仕事ではないことを理解し、介護士の女性に持たれる悪い印象や背景を把握する事が重要です。

ストレスや疲れに関する悪い印象

介護士の女性に持たれる悪いイメージとして、ストレスや疲れている印象を持たれることがあります。

介護職の社会的イメージとして給与水準の低さや過酷な労働実態等の先入観も多く、現場の人材不足や職場の定着率からネガティブなイメージを持たれることがあります。

また、「介護施設で働く女性職員はとにかくイライラしており、特に結婚していない女性はイライラして仕事してるのを見ることがある」と、ストレスが溜まりやすい仕事である事や交代勤務で不規則な生活を送っており不健康そうで疲れているといった悪い印象を持たれることはありますので、いつも笑顔を意識することが大切です。

引用「介護施設で働く女性職員」

予定が合わなそうといったプライベートに関する悪い印象

入所施設で働く女性職員は夜勤もあり、交代シフト制で勤務時間が不規則なため週末や祝日などの予定が合わずプライベートに対し悪い印象を持たれることがあります。

介護士の彼女を持つ人の中には「彼女は介護の仕事しており、夜勤とかがあってなかなか会えてない現状ですれ違いばっかりで疲れた」と交代シフトのため休日が合わず関係性が希薄になってしまう場合もあります。

引用「最近、介護士の彼女に疲れました。」

相手の勤務に併せシフト希望を出すことや勤務によっては勤務前に一緒に過ごす時間を持つなどのパートナーへの配慮をすることも大切です。

地味で女性らしさに欠けるといった見た目に関する悪い印象

介護職は職場柄、派手なメイクやファッションができないため、美容系やアパレル関係の仕事に比べ地味に見えたり女性らしさに欠けて見える事があります。

日常的な介護をするうえで要介護者にけがや事故を起こさないようにネイルやアクセサリーをつけたり、スカートを着用したりしないようにしていることから、「おしゃれをする余裕がないような環境や力仕事」という女性らしさに欠けるといったイメージを持たれることがあります。

引用「介護士の女性は地味なイメージですか?」

最近ではおしゃれなデザインのユニフォームも多く、ネイルや濃いメイクは出来ませんがネイルオイルでのネイルケアなど清潔感のあるおしゃれをする事で他職種とは違う女性らしさの印象を与えることができる場合があります。

介護士の女性の印象が悪くなってしまう背景

職場の勤務体制によるストレスや不規則な生活環境のイメージのほか、仕事内容の背景から介護士の女性の印象が悪くなってしまう事があります。

介護の現場は時に命に関わる緊張感や認知症などによる問題行動への対応により、口調が強かったり常にイライラしたりしているように感じられることがあります。また、育児や家庭との両立の中で家庭事情より非正規雇用になっていることで余裕がなくなっているなど、女性介護士が抱える背景から印象が悪くなってしまっていることがあります。

不規則な勤務体系と繰り返し起こる利用者の問題行動

介護士の女性の印象が悪くなってしまう背景に不規則な勤務体制と利用者の問題行動への対応が挙げられます。

入所施設は夜勤もあり生活リズムが乱れやすく、認知症を抱えた利用者の対応や、職場の人間関係、肉体を使う利用者介助など、肉体的や精神的なストレスに悩まされていることから疲れが取れず笑顔が少なくなり、常に疲れている印象を周囲に与える結果になっていることがあります。

また、夜勤手当等による金銭的な面を重視し夜勤専門の派遣勤務をされる方もいますが、勤務の拘束時間が長く気のゆるみから事故などを起こしてしまう事もあり、かえってストレスになってしまう事もあります。

肉体労働と育児や家庭との両立

女性介護士を取り巻く環境

女性介護士を取り巻く環境

女性介護士を取り巻く背景には家庭事情や雇用背景も大きな要因となっています。

子供がいる女性介護士は特に育児をしながら仕事をしなければならず専業主婦より自分の時間も少なくなり気持ちに余裕が生まれにくくなります。

介護の仕事は想像以上に肉体労働で人手不足や利用者の急な対応による残業などに対し、時間内に行わなければいけない保育園への送り迎え、帰宅後の家事と育児が重なれば、苛立ちを隠せなくなる事もあります。女性介護士はとにかく忙しく、毎日がへとへとで家庭がおろそかになりがちです。

また育児や家庭の両立のため、パート職員を選択したものの時間や賃金が低い部分から家事への協力や仕事内容に対し正職員として働いている女性の介護職員に比べパートナーや家族からの仕事への理解が得られない事や家事への協力がない場合が多く、苛立ちが増していることがあります。

命を預かる仕事への緊張感

職員の中には少々、おっちょこちょいな性格でうっかりミスが多い人もいて、指導や助言のなかで厳しく怒られ、または嫌みを言われるなどでストレスがたまる人もいます。

介護の仕事は医療行為は行わなくとも、疾病を抱えていたり、身体の自由がきかない高齢者の介護をしているという責任感から物事にシビアであり、口調が厳しくなってしまう事はどうしてもあります。ほかに仕事がなく介護の仕事を仕方なくやっている人も中にはいますが、介護への意識を高く持ち、常に利用者第一で職務に当たっている女性介護士のことを理解すれば、単に厳しい人、怖い、といった印象ではなく、頼りになる先輩介護士として接することができます。

日々繰り返される利用者の非日常的な言動

介護の仕事をしていると、通常の仕事ではあり得ない、非日常的な言動を目の当たりにする日々が繰り返されることがあります。

利用者からの暴言や暴力、認知症のある利用者による排せつ物に関する問題行動(食べる、投げる)、介護をしていないと経験しない問題行動に日々対応しているため、プライベートでも何事にも動じない態度になりがちで、かわいげがないと思われることがあります。

物事に動じない態度をかわいくないと思わず、冷静に物事を見れ頼れる存在として接すれば、頼もしい存在に感じられることもあります。

介護士の女性が印象を良くする方法

普段の振るまいや口癖を直すだけで、印象が良くなる事があります。

介護士の女性の印象を悪くしてしまう原因に、ストレスが招く言動や利用者を介助している時の態度を、プライベートでもとってしまうことがあります。

少しの言葉の使い方や声のトーンなどを意識するだけでもや周囲に与える印象が良くなることや今までよりも友人関係が良くなることもあり、パートナーや恋人との関係を改善することにもつながることもあります。

オンオフを切り替える

プライベートでは職場のような対応を取らないよう気持ちの切り替えをすることが大切です。仕事の習慣から友達や知人が手間取っていたり、失敗したり手助けをしたくなる場面でも過度に口出しをしたり、必要以上に手助けをしたりすることは相手に親切以上のお節介だと感じさせてしまう恐れがありますので仕事とプライベートを区別する必要があります。

職場の愚痴はプライベートでは控える

職場の愚痴が多いと職場の雰囲気が悪くなったり、自然にプライベートでも関係なく愚痴を言うことが多くなり常に人の悪口を言っていると悪い印象を与えるため、プライベートでの言動を意識する事が大切です。

介護職の男女比の割合は7割程度が女性職員であり、女性が多い業界では職場内の愚痴の言い合いなど人間関係の複雑さが多い場合があります。

「上司は、若い女性職員には何でも相談に乗るくせに私たちの相談には乗ってくれない」

「〇〇さんなんて夜中に何度もコールを押してしつこい」

「お金を払ってるんだから何でも言う事を聞いてくれると思っている」

など、介護の仕事をしていない人に業界の愚痴をいっても理解をしてもらいにくく、かえって悪い印象しか与えない場合があります。

対人サービスでの愚痴の内容も人間関係に関する事が中心になりやすく、他人には理解されにくいうえに品性があまりないように見えてしまう事もあるため、控えることが必要です。

女性としての清潔感を保つ

職業柄ファッションやメイクを楽しめない場合でも、介護の仕事は対人サービスでもあり最低限の身だしなみは必要です。

清潔感がない人は「だらしない」などと思われたり「一緒に仕事をしたくない」など思われる事もあります。とくに女性の場合、バサバサとした髪の毛を縛らず長いまま仕事をしていたり、カラーリングの定期的なメンテナンスを怠っている髪色はイメージダウンを持たれやすいため、他にできる仕事がなくて介護職をしているという介護の仕事への悪いイメージを裏付けてしまっていることもあります。

友人やパートナーとはマメに連絡を取る

交代勤務はプライベートな時間が合わない印象を持たれてしまいやすいため、きちんと連絡を取り合うことが大切です。

入所施設で働く介護士の女性は夜勤もあり生活リズムが崩れやすく友人やパートナーとすれ違いになりやすくなるため、利用者の食事介助や起床・就寝介助などの生活に合わせた勤務体制になっているため予定が合いにくい事や利用者の急変時などの対応の必要性がある仕事である事を友人やパートナーにも事前に説明しておくことが大切です。

好印象で良い関係を築くには自分を振り返る冷静さが大切

介護士の女性に対する悪い印象は職業柄の背景や情報の先入観も強く周囲から介護士の女性は気が強そう、イライラしている、疲弊していると思われやすい印象があります。利用者の命を預かる仕事でもある緊張感もあり家庭との両立もあり多忙な中でプライベートとの切り替えが容易でなく、ついやってしまうことや癖があるのは仕方のない場合もありますが、他人が見たらどう感じるかなど客観的になることで周囲に良い印象を与えたり、周囲との関係を良いものにするためには大切なので普段の自分の行動を振り返えることでイメージは大きく変化しますので意識してみることをお勧めします。

Pocket
LINEで送る