Pocket
LINEで送る

介護用の風船を使ったレクリエーションは、高齢者でも怪我のリスクが少なく、気軽にできるレクのひとつです。風船バレーや卓球のように対戦形式のもも、風船ラリーや風船入れのように協力形式のものもあります。軽い風船で行うので、力の弱い高齢者でも参加できます。また、座ったままでもできるレクリエーションなので、特養や老健などの介護度が高い利用者が多い施設でも行うことができます。

スポンサーリンク

デイや特養でできる介護用風船を使ったレクリエーション

介護用風船を使ったレクリエーション

風船を使った介護レクリエーションです。高齢者でも安全に楽しめます。風船を準備するだけで気軽に楽しめるので、すぐに取り入れることができるレクリエーションです。ラリーやバレーには、高齢者でもコントロールしやすい大きな風船の使用がおすすめです。

風船ラリー

必要な道具風船(普通大)×グループ数、うちわを使用する時は人数分
必要な広さ輪になって座れる広さ
参加人数の目安5~10人以上

5,6人でグループを作ります。グループごとに輪になって座りましょう。よーいドンで風船が地面に落ちないようにラリーを始めます。手を使って打っても、うちわなどで仰いでも良いでしょう。ラリーの回数を皆で数えて盛り上げましょう。

風船リレー

必要な道具風船(普通大)、うちわ(人数分)
必要な広さ横並びに座れるスペース
参加人数の目安5,6人~大人数でも可

横並びに列を作ります。うちわを持ち、隣から隣へとうちわの上へ風船を渡していきます。向かい合った列同士、複数列でも楽しめます。動画ではお手玉を使っていますが、風船に置き換えてやってみて下さい。

<応用編>

必要な道具風船複数個(普通大)、バスタオル複数枚
必要な広さバスタオルを持って向かい合える広さ
参加人数の目安5~10人以上

向かい合わせに2列に座り、向かい合った同士でバスタオルの端を持ちます。バスタオルの上に風船をいくつか乗せ、隣の二人のタオルへと移していきます。採点は早さでも良いでしょうし、最後まで風船を落とさずに移せるか、でも良いでしょう。参加人数によっていろいろな方法が楽しめます。

風船バレー

必要な道具風船(大きい方が良い)
必要な広さ5,6人が手を広げてぶつからない広さ
参加人数の目安5~10人以上 スペースがあれば大人数でも可

2チームに分かれて、風船でバレーをします。向かい合ったチームの真ん中を机や紐で仕切ってネットに見立てます。両手を広げてもぶつからないように、スペースは十分にあけましょう。

風船卓球

▲風船卓球

▲風船卓球

必要な道具風船(普通大)×グループ数、うちわを使用する時は人数分
必要な広さ輪になって座れる広さ
参加人数の目安5~10人

机から落とさないように、風船を打ち上げるレクリエーションです。うちわを使ってあおいでも良いでしょう。机を挟んでチームに分かれたり、交互に座った状態でも出来ます。

風船入れ

▲風船入れ

▲風船入れ

必要な道具風船(普通大)、風船の入る大きさのカゴや箱複数個
必要な広さカゴや箱を置ける広さ
参加人数の目安2.3人~

あらかじめそれぞれの箱やかごの得点を決めておきます。狙った箱に風船を入れて合計点を競うレクリエーションです。風船だけだと軽くてコントロールしづらいため、重りをつけておくと狙いやすくなります。箱が用意出来ない場合は、模造紙に得点を書いて置く方法もあります。

風船飛ばし

必要な道具風船(普通大)複数個、お手玉やボール複数個、風船を入れておくカゴか箱
必要な広さ輪になって座れる広さ
参加人数の目安2,3人~

箱やかごに入れた風船を、お手玉やボールで弾き出すレクリエーションです。投げ入れる角度や場所に工夫が必要なゲームです。

風船文字当て

▲風船文字当て

▲風船文字当て

必要な道具風船(大きな方が良い)、風船に貼り付ける紙
必要な広さ輪になって座れる広さ
参加人数の目安5~10人以上

風船に文字を書いた紙を貼り付けます。風船ラリーのように輪になって、風船を打ち上げながら何が書いてあるか当てます。大きい風船を使うと、文字が見やすいです。

風船を使ったレクリエーションの良い点

風船は軽くて動きもゆっくりとしているため、高齢者にもあつかいやすい道具です。ケガのリスクもほとんどなく、楽しく手軽に運動が出来ます。

怪我のリスクが少ない

やわらかい風船は、ぶつかってもケガの心配がありません。また、座ったままで出来るレクリエーションが多いので転倒の危険もなく、安全に楽しく体を動かせます。

力が弱くても楽しめる

風船は、ほんの少しの力で浮かせたり動かしたり出来ます。力の弱い高齢者や、思うように体が動かせない人も簡単に操ることが出来、ゲームを楽しめます。男女差や介護度を気にする事なく、誰もが参加できるレクリエーションです。

準備が簡単で材料費も安い

風船を膨らませるだけで、すぐにレクリエーションが始められ、材料費もあまりかかりません。狭い場所でも工夫次第でいろんなゲームが楽しめます。まずは風船だけで出来るレクリエーションを試してみて下さい。

介護用風船を使ったレクリエーションは取り入れて損なし

風船は安全で、誰でも扱いやすく、いろんなゲームに取り入れられる万能の遊び道具です。材料費も安く、簡単に手に入れることが出来ます。柔らかい風船はケガのリスクもほとんどありません。
力の弱い高齢者でも容易に動かせて、片手で遊ぶことも出来ます。座ったままのゲームもたくさんあり、車椅子のまますぐに参加出来ます。介護度に関わりなく、皆で楽しめる風船レクリエーションをぜひ取り入れて下さい。

Pocket
LINEで送る