2017年の介護福祉士の試験では傾向が変わりましたが、今後受験を考えている人は試験の傾向を知りたいですよね。傾向が分かれば対策を立てられるので合格率は大幅にアップします。それに加えて2017年1月に実施された第29回介護福祉士試験の合格率はナント過去最高の72.1%でした。合格の確率は実際に大幅アップしていますので試験自体は受かりやすくなりました。介護福祉士の資格を取ればお給料アップとスキルアップの2つの大きなメリットを得ることができますよ。傾向が変わったといっても基本の内容に変更はないので試験に対して不安になる必要はありません。ほんのちょっとしたコツが分かれば合格することができます!そこで今回は2017年介護福祉士の試験の傾向と2018年介護福祉士の試験へ向けての対策と勉強法についてお伝えします。

2017年介護福祉士の試験の傾向

old
基本的な問題傾向に大きな変化はありませんが第29回の介護福祉士試験から出題科目に医療的ケア(設問5問)が追加され、それにより全部の出題数が125問に増加しました。介護と医療の連携が重要視されてきたので医療的な設問が重要視されたのでしょう。「介護の基本」の設問数が10問へ減り「生活支援技術」の設問数が26問へ増えました。前年度の第28回から変化した部分を赤字で表示しています。
11科目群出題科目出題数
1人間の尊厳と自立2問
2人間関係とコミュニケーション2問
3社会の理解12問
1介護の基本10問(-6問)
2コミュニケーション技術8問
4生活支援技術26問(+6問)
5介護過程8問
6発達と老化の理解8問
認知症の理解10問
障害の理解10問
9こころとからだのしくみ12問
10医療的ケア(新設科目)5問
11総合問題12問
合計11科目(+1科目)125問(+5問)

(引用:第29回介護福祉士国家試験の合格基準及び正答について |[介護福祉士国家試験]過去の試験問題:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター)

2018年介護福祉士の試験の対策

wheelchair
実は介護福祉士の試験には大きな罠が仕掛けてあるのを知っていますか?介護福祉士の試験を突破するには非常に気を付けなければいけないことがあるです。
(1)筆記試験の合格基準
次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。
ア 総得点125点に対し、得点75点以上の者(総得点の60%程度を基準
とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。
イ アを満たした者のうち、以下の「11科目群」すべてにおいて得点があっ
た者。
①人間の尊厳と自立、介護の基本
②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術 ③社会の理解
④生活支援技術 ⑤介護過程 ⑥発達と老化の理解 ⑦認知症の理解 ⑧障害の理解
⑨こころとからだのしくみ ⑩医療的ケア ⑪総合問題
 分かりやすく書き出しますね。合格するのためには以下の2つの基準を持たす必要があります。
  1. 得点75点以上の者(総得点の60%程度を基準)
  2. 「11科目群」すべてにおいて得点があった者
 まとめると、総得点の60%以上の点数を取って全11科目群のすべての科目で最低1点は獲得する必要があるのです。例えば「生活支援技術」の設問数が26問と多いからといって「生活支援技術」に力を入れずぎてはいけません。「生活支援技術」で満点の26点を取ったとしても「医療的ケア」が0点ならば不合格になってしまいます。ということは問題数の少ない科目で確実に得点しなければなりません。特に「医療的ケア」は他の科目に比べて5問という少なさなので注意が必要です。

6割の正解と0点の科目を作らない

合格するために必要な対策は、6割以上の問題に正答することと0点の科目を作らないことです。いくら
全体で60%、70%、80%以上の点数を出したとしても、ある科目が0点なら不合格になってしまいます。これはしっかりと頭に入れてくださいね。一年間のあなたの努力が一切無駄になってしまいます。それだけはイヤですよね?

2018年介護福祉士の試験の勉強方法

hands-
2018年の介護福祉士の試験の勉強法ですが6割の正答と0点の科目を作らないように進める必要があります。

過去問題集を何度も繰り返す

6割以上の正答を目指すための勉強方法はセミナーに通ったり、通信講座を受けたりといろいろありますがおすすめは過去問題集を解くことです。金銭的にも費用が一番少なくて済みますし問題集を持ち歩けば場所を選ばずに勉強が出来るのでとても便利です。仕事や家事で忙しい間のちょっとした時間があればどこでも学習ができますよ。大手の出版社から出ている問題集であればどれを選んでも問題はありません。自分が気に入ったものを選びましょう。このような過去問題集を活用すると合格できますよ!参考に過去問を紹介しますね

2018介護福祉士国家試験過去問解説集

合格の秘訣は同じ問題集を繰り返すことです。不安になって何冊も問題集を買ってしまったことはないでしょうか?その何冊もの問題集ははたして手をつけたでしょうか?どれも中途半端になってしまったのではないでしょうか?そのやり方が一番危険です。不安な気持ちは十分わかりますが何冊も問題集をこなすのは時間的に不可能です。ただ自分を安心させるために購入しているだけですから意味がありません。同じ問題集を繰り返して解いてみて下さい。そのほうが回答方法や正解への考え方が確実に身につきます。繰り返すことで記憶がしっかり定着するので6割以上の点数が確実に取れて合格できますよ。

「医療的ケア」を勉強する

新設された「医療的ケア」の科目は問題数が少ないので0点になる可能性が高いです。0点になってしまたら不合格確定なので対策が必須ですね。「医療的ケア」への対策はこのような模擬問題集がベストです。
2018年の第30回介護福祉士試験の模擬問題集ですから、「医療的ケア」へ対応しています。この問題集を繰り返せばOKです。くれぐれもお伝えしますが問題集の浮気は絶対にいけません。同じ問題集を繰り返すだけで0点を取るほうが難しくなりますから。

過去問題集と模擬問題集を解くだけでOK!!

まとめると6割の正答率を手に入れるには過去問題集。「医療的ケア」で0点を取らないためには模擬問題集を何度も勉強していけば大丈夫だということがわかったのではないでしょうか。6割という合格ラインは他の資格試験に比べても決して高くない数字です。復習を繰り返して解答するための流れがつかめればすんなりと合格できますから心配はいりません。国も介護福祉士が必要なので合格基準のハードルを上げることはありません。同じ問題集を繰り返して解くだけで合格できますよ。難しいことはありませんので怖がらずに挑戦して下さいね。
介護福祉士の試験の傾向と対策を見てきましたがいかがだったでしょうか。介護福祉士の試験は難しいと思っていた人にも「意外に合格できるのでは?」と感じていただけたのではないでしょうか。60%を取ればいいので広く浅く勉強する必要はありますが、その分深く学習する必要はありません。介護職として経験があれば決して難しいものではないのです。日々の介護の経験をもとに知識を頭に定着すればいいだけなのです。まったく1からの知識を取り入れるのは非常に大変ですが介護経験が豊富なあなたでしたら問題はありません。ほんの少し勉強を続ければ良いのですから。介護福祉士を取得すれば、経済的にも収入アップできますし、介護スキルも向上できます。転職の際には非常に強力な武器にもなりますから取っておいたほうがメリットが多い資格です。介護士としての輝く未来に介護福祉士の資格は必須ですよ。

まとめ

介護福祉士の試験の傾向と対策!こうすれば絶対合格

  • 新たに「医療的ケア」の科目が追加
  • 60%以上の正答率で合格
  • 0点の科目があると不合格
  • 過去問題集と模擬問題集を繰り返し解くだけで合格できる

介護福祉士の資格を持っていると手当が付く事業所はとても多いです。月に少なく見積もって5000円の手当と考えても年間に6万円もの収入が増えます。月1万円の手当なら年間12万円です。決して少なくない額が増えるわけですから、収入アップに繋がります。それに加えて介護技術・知識もレベルアップしますから一石二鳥の資格といえますよね。勉強は苦手という人でも何度も問題集をこなせば、いやでも頭の中に正解が蓄積していきますので不合格することの方が難しくなりますよ。あなたの未来のために一歩を踏み出してはいかがでしょうか。絶対に合格できますよ!